「井口稔プロフィール」へ戻る
 【競馬番組表ウオッチャー】TOPへ

ネットの中心でゴッゴルと叫ぶ?



「ゴッゴル」について、私・井口稔が共著で単行本を書きました。その本を紹介させて頂きます。競馬ファンの方、すみません。これは競馬の本ではありません。

ネットの中心でゴッゴルと叫ぶ?

ネットの中心でゴッゴルと叫ぶ?

井口稔、Su-Jine著
秀和システム刊
定価1365円(本体1300円)
B6判 356ページ

2005年5月25日発売

2004年末、「ゴッゴル」という不思議な言葉がネット上で大流行しました。

この「ゴッゴル」という言葉はSEO(検索エンジン最適化)と深い関係があります。SEOとは近年注目を集めているネット関連の技術。狙ったキーワードで、検索エンジンを検索した時に、なるべく上位に自分のサイトが表示されるようにする技術のことです。

たとえば、「競馬番組表」という言葉を検索エンジン「グーグル」で検索してみると…

検索エンジン「グーグル」での「競馬番組表」検索結果

当サイト「競馬番組表ウオッチャー」が21万件中の最上位に表示されています(※)。当サイトもちょこっとSEOを意識しておりまして、このような検索結果になってくれているわけです。

※2005年5月20日現在。検索エンジンのデータベースは日々更新されており、検索結果は今後変わる可能性があります。

2004年末、日本で初めて本格的なSEOコンテストが開催されました。ナゾの言葉「ゴッゴル」とは、その際に選ばれたキーワードでした。検索エンジン「グーグル」によれば、「ゴッゴル」と書かれたページは一時なんと163万ページにも達して……などと書いていくと、ネタをどんどんバラしてしまいそうなのでこの辺でやめておきますが、たとえば、ゴッゴル祭りの経過や裏話を楽しみながら、SEOの知識もつけたい!」なんて方に、手前味噌ですがオススメしたいと思っております。

ちなみに、共著者のSu-Jine氏はこの「ゴッゴル」をキーワードとしたSEOコンテストの主催者で、SEOに関する造詣の深い方です。以下、”ゴッゴルコンテスト”の参考URLと、『ネットの中心でゴッゴルと叫ぶ?』の目次を載せます。

それと、ページの真ん中あたりではありますが、ここにSEOコンテストのキーとなったトラックバックを試しにつけてみようかと思います。ブログでなくても、トラックバックはつけられるんですね。ここにつけたのはレンタルのものですが、自分で作ることもできるようです(といった話も本書には出てきます。Su-Jine氏の書いた部分ですが…)。


『ネットの中心でゴッゴルと叫ぶ?』参考URL
〜”ゴッゴルコンテスト”ってナニ?という人向け〜
「ネットの中心でゴッゴルと叫ぶ?」…版元:秀和システムの本書紹介ページ。
「プチ SEO コンテスト開催!!」…本書出版を記念して開催されるプチSEOコンテストの案内ページ。共著者Su-Jineさんのブログ「Su-Jine の独り言」の1エントリー。※当サイトは参加はしません。
「ネットの中心でゴッゴルと叫ぶ?」…アマゾンのページ。
「ネットの中心でゴッゴルと叫ぶ?」…楽天ブックスのページ。
「SEO Association」…”ゴッゴルコンテスト”主催者サイト。
「ゴッゴル屋」…吉野家ではありません。ゴッゴル屋です。”ゴッゴルコンテスト”上位入賞サイトの一つ。カテゴリー別に参考リンクが整理されていて、さまざまな情報をたどることができる。
「ゴッゴル総合研究所」…野村総研ではありません。ゴッゴル総研です。日々、ゴッゴルランキングと「ゴッゴル総研短観」を発表していたサイト。
「やじうまWatch」…ネット上のコアな情報を伝えるページ。インプレスの「INTERNET Watch」内にある。2004年10月20日、22日、29日付けなどで「ゴッゴル」が紹介されている。
「ゴッゴルゴッゴルってなんだ?」「All About」の「笑えるサイト」というコーナーでゴッゴルが紹介されたもの。
検索エンジン「グーグル」での「ゴッゴル」検索結果
「オンライン書店のご紹介」…当サイト内のページ。



『ネットの中心でゴッゴルと叫ぶ?』目次

第1章 ゴッゴル誕生前夜 〜ようこそSEOの世界へ〜 (text by 井口稔)
・あなたはゴッゴルを知っていますか?
・アクセスアップに効果的なのは、球団買収?
【コラム】ディレクトリ型とロボット型。違いはなに?
・ゴッゴルを理解するには、まずSEOから
・SEOには「ページ内要因」と「ページ外要因」がある
【コラム】グーグルが優れていた点 〜ページランクの話〜
・「ゴッゴル」はどこから生まれたのか?
・「ゴッゴル」っていったいどんな意味なの?
【コラム】グーグルの語源は?
【コラム】最古のゴッゴル


第2章 ゴッゴルパニック!? 〜一六三万ページへの道のり〜 (text by 井口稔)
・それは静かな始まりだった
・2ちゃんねるにスレ乱立!
・「ゴッゴル」独自ドメイン争奪合戦
・「はてな」軍団、進撃開始!
【コラム】眞鍋かをりが参加していたら、一位になっていたか?
・ゴッゴル? ゴゴッル?
・ルール変更問題と、サーバーあわや水没事件
・アドワーズ広告合戦が勃発!
・ヤフー!オークションにもゴッゴルが登場!
・主催者サイトはなぜ一位になったのか?
・完全無修正オールアバウトゴッゴル! ゴッゴル!
・ゴッゴル、ついに世界一のコンテストへ!
【コラム】「ゴッゴル」の総インデックス数
【コラム】イメージ検索、〇件!?
・グーグルの創業メンバーもゴッゴルに興味を示した!
・優勝争い、いよいよ佳境に…
・最後の最後に熾烈なデッドヒート! 頂点に立ったのは?
【コラム】 グーグルダンスってなに?


第3章 上位入賞サイトに聞く! 〜データ&裏話〜 (text by 井口稔&Su-Jine)
【1位】+Diary+ : ゴッゴル
 ・一位と二位が激しく争った最終局面。その時、作者は…
【2位】青い空は大嫌いだ水色の空は大好きだ
 ・2ちゃんねる系のブログ「ちゃぶろ」が大躍進の原動力
【3位】ゴッゴル
 ・あえて、ブログを使わず、短期間で急上昇
【4位】ゴッゴル屋-ゴッゴル!ゴッゴル! by ゴッゴル・delcup
 ・2ちゃんねるが総力をあげてバックアップ
【5位】ゴッゴル-cles::blog
 ・複数のエントリーから熟慮の末、参加エントリーを選定
【6位】ゴッゴル: Epic->yoshimax
 ・SEOのプロもコンテストに参戦!
【7位】acid over the rainbow
 ・ブログタイトルに「ゴッゴル」と入れてみた。その理由は…
【8位】Melody Talk: ゴッゴル
 ・ゴッゴル三世はルパン三世と知り合いだった!?
【9位】ゴッゴル情報局-みんなでささえあうゴッゴル
 ・XOOPSを使って、参加サイトを構築
【10位】ゴッゴルとゴッゴル
 ・元モデルが作った「かわいい」サイトにもゴッゴルが進出!


第4章 まだまだあるぞ! 個性派ゴッゴルサイトの数々 (text by 井口稔)
・多彩なゴッゴルサイトを一挙に紹介!
・まずはキホン。「とりあえずゴッゴル参加表明派」
・どこにでもゴッゴルを入れ込んでしまう「ゴッゴル埋め尽くし派」
・遊んで楽しい「ゴッゴルエンタメ派」
・見た目も鮮やかな「ゴッゴルグラフィック派」
・文学作品からコミックまで「ゴッゴルで物語る派」
・お仕事中(?)もゴッゴルしてしまう「ゴッゴルでビジネス派」
・世界を旅する「ゴッゴル地球の歩き方」
・「ゴッゴルは飲食店だった派」 〜さあて、どんなゴッゴル料理を食べようか?
・「ゴッゴルはこんな生物だった派」 〜あなたは目撃したことがありますか?
・「ゴッゴルはあんな人だった派」 〜あなたは知っていますか?
・ちょっとまじめに「ゴッゴル学派」
・ゴッゴルを見て回りたい人に役立った「リンク集でゴッゴルを紹介派」
・ゴッゴル興亡史を記録してきた「ゴッゴルウォッチ&ランキング派」


第5章 ゴッゴルからデースケドガーへ
〜SEOコンテストについて考える〜(text by 井口稔)
・人々はゴッゴルになぜ熱中したのか?
・トラックバックスパム問題について考える
・主催者の意図はどこにあったのか?
・「トラックバックコンテスト」を超えて…
・注目が集まる中、第二回SEOコンテストがスタート!
・多彩なデースケドガーサイトを取り揃えました
・ゴッゴルの前にあった、「生サナーギ」で上位表示
・「裏ゴッゴル」と「ヤッヒョイ」「ポネソニック」
・続々と開催されるSEOコンテスト
・海外にもいろいろあったSEOコンテスト


第6章 グーグル社インタビュー
〜グーグル社でもゴッゴルは流行っていたのか!?〜 (text by 井口稔)
・グーグル社に聞いてみました!
・グーグルっぽい映画って、いったいナニ?


第7章 「ゴッゴル」の仕掛け人がズバリ教える、勝てるSEOのコツ!
(text by Su-Jine)
【極意その1】まずは基本に忠実に!
【コラム】トラックバックは、向きに注意
【極意その2】狙っているキーワードを知り尽くせ!
【極意その3】リンクはたくさんのドメインから集めよう!
【極意その4】トラックバックへの過信は禁物!
【コラム】ブログはなぜ有利?
【コラム】トラックバック送信の裏技
【極意その5】キーワードはグーグル内部で関連付けられている?
【極意その6】検索エンジンスパムに振り回されるな!
【コラム】コンテンツの充実が先か、SEOが先か
【極意その7】サイト移転の裏技!
【コラム】SEOはサブページの対策が重要
【極意その8】「検索エンジンSu-Jine」はいかにして一万アクセス/日を実現したか
【極意その9】SEOコンテストで「練習」しよう!


【付録】
付録1 第1回SEOコンテストルール
付録2 第1回SEOコンテストコメント・その1(藤原健吾氏)
付録3 第1回SEOコンテストコメント・その2(住太陽氏)
「井口稔プロフィール」へ戻る
 【競馬番組表ウオッチャー】TOPへ