「井口稔プロフィール」へ戻る
【競馬番組表ウオッチャー】TOPへ

コラム「信じる者は救われる!?」 日本ダービー特別版



ダービーと有馬記念だけは特別版の座談会形式でお送りする「信じる者は救われる!?」。松嶋 ななめ嬢(松嶋 菜々子ではありません!)が登場した平成12年のダービーはこんな感じでした。なお、木村田 空哉君(木村 拓哉ではありません!)が登場した平成11年のダービーについては『競馬は「井口式データ」で大儲け!』第1章をご覧ください。


第67回日本ダービー(平成12年5月28日)
 登場人物
 ■井口 稔…怪しげ?予想家。
 ■松嶋ななめ…新人女性編集部員。
 ■E編集長…本紙編集長。二児の父。

−ダービー枠順確定後、『勝馬』編集部にて。

井 口 木村田君って(編集部注:去年のダービー、有馬記念で当コーナーに登場した木村田空哉のこと)、最近姿見かけないけど、やめたらしいですね。
編集長 ああ、契約が切れたからな。彼、契約社員だから。
井 口 で、その替わりに入った松嶋さんって女の子がずいぶんな美人だとか…。
編集長 そういうウワサなんだけどな。でも、実を言うとオレもまだ会ったことないんだよ。
井 口 今日は来るんですよね。楽しみだなあ。松嶋菜々…

−そこへ突如、松嶋登場。

松 嶋 初めまして! 松嶋ななめです!
編集長
井 口
(絶句!)
松 嶋 何2人で(絶句!)なんてしてるんですかあ〜!?
編集長 なんだ菜々子ちゃんじゃなくて、ななめなのか! 一字違いでえらい違いだな!
松 嶋 何言ってんですか! 今日はダービーの大検討会をするんでしょ!


■"橋"の隣が激走する!?
編集長 そんなこと言って、君は競馬知ってるの?
松 嶋 お任せください。こう見えても競馬は詳しいんですから。スローペースだと先行馬が有利、ハイペースだと追い込み馬が有利…
編集長 そんなこと、誰でも知ってるぞ!
松 嶋 今のは軽い冗談でえ…。今度はマジメにやりますよ。ダービーは"橋"のつく騎手か調教師の隣の馬が来るんです!
編集長 おい、それでマジメなつもりか! いきなり怪しいじゃないか!
松 嶋 でも、去年が"橋"口師の隣が2着でしょ〜、その前が"橋"本広騎手の隣が2着でしょ〜、その前が高"橋"裕師の隣が1着でしょ〜、その前が…
井 口 となると、"橋"口師に高"橋"亮騎手のダイタクリーヴァ、石"橋"騎手のパープルエビス、この隣が来るってことか?
松 嶋 ここ7年のダービー連対馬の騎手か調教師か馬主の名前には必ず"一"か"二"がついているっていう特徴もありますよ。
編集長 そんなの特徴でも何でもない! お前は怪しいことしか言わないのか!
松 嶋 でね〜、皐月賞4着馬の隣枠も4年連続で連対してるんですよお〜!
編集長 おい、確か去年は皐月賞4着馬の3つ隣だって木村田が言ってなかったか?
井 口 編集長、怪しい、怪しいって言ってる割りには細かいことよく覚えてますねえ!
松 嶋 確かに3つ隣という解釈もできたんですが、去年の結果から3つ隣じゃなく隣枠だってことがハッキリしたんです!
井 口 それに今年の皐月賞4着馬ジョウテンブレーヴはここ3戦ずっと隣枠の馬を連対させてもいるのでジョウテンの隣枠7枠には要注意だな。
松 嶋 8枠の隣はグルッと回って1枠も該当するんですよ。
編集長 8枠の隣が1枠のわけないだろ! ともかく、そんなことは関係ない! 弥生、皐月の豪快なマクリを見ただろ。今年はエアシャカールの二冠制覇。これで決まりだ!
井 口 そんなに二冠は簡単なものなのかなあ? 皐月賞馬のダービーでの成績を色んな視点からまとめてみたんですが、とりあえず、皐月賞をタイム差なしで勝った馬はダービーを連対してないんですよねえ(表1−1)。
松 嶋 皐月賞を1番人気で勝った馬はいいけど、2番人気で勝った馬はダメみたいだし(表1−2)。
井 口 皐月賞前のレースで2着だった馬も連対ゼロだね(表1−3)。
編集長 エアはダービーでは1番人気だろうから、これなら文句ないんだろ(表1−4)。
井 口 今のエアがルドルフ、テイオー、ブルボン、ブライアン級のところまで行ってるかどうか…。
編集長 大丈夫。サニーブライアンがいるじゃないか。この表の例外的な部分は大体サニーが作り出してるんだろ。今のエアはサニーよりは強いんじゃないの?
松 嶋 そうですよ。シャカール様のあの逃げはサニブーより絶対速い!
編集長 エアシャカールは逃げたことないだろ! それより、皐月賞で惜敗したダイタクリーヴァはどうなんだ?
井 口 皐月賞を1番人気で連対した馬、実はこういうタイプはダービーでスゴく成績がいいんです(表2)。
松 嶋 ダイタクの皐月賞単オッズは3.3倍でしたね。
編集長 皐月賞4.1倍2着で、ダービーではそれより人気が落ちたアイネスフウジンでも勝ってるんだなあ。距離不安を囁かれてるけど、意外に渋太く粘るかも…。
井 口 ただ、ダイタクはシンザン記念を使ったのが気になるんです。昭和59年以降のダービーでマイル以下の4歳重賞を使っていた馬は何しろ【00668】ですからねえ。
編集長 そういえば、ダイタクは結局出なかったけど、NHKマイルCにも登録してたぐらいだからな。

■危うし、エアシャカール!?
松 嶋 4才になってマイル重賞を使ったというならカーネギーダイアンもそうですね。
井 口 青葉賞を勝ってダービーを連対したのはレオダーバンとエアダブリンの2頭。3才でデビューしてキャリア5戦以内、皐月賞不出走で青葉賞1番人気などなど、カーネギーはこの2頭と結構共通点があるんだけどな。
松 嶋 いえいえ、その2頭の重大な共通点は岡部騎手が乗ってたことです! 青葉賞で岡部騎手が乗って権利を取った馬はこれまでダービー2戦2連対なんですよ!
編集長 青葉賞2着タニノソルクバーノの一発か。ちょっと穴っぽいけどな。そういえば、アグネスフライトはどうなんだろう。ズブいけど、この馬の末脚もケタ違いだぞ。
松 嶋 やっぱり京都新聞杯を勝ってるからダービーじゃなく菊花賞が狙い目なんですか〜!?
編集長 京都新聞杯は今年から菊花賞トライアルじゃなくなったの!
井 口 そう、去年までの京都4歳特別に当たるわけですね。若草S→京都4歳特別連勝っていうとシルクジャスティスと同じだなあ。そのシルクはダービーで2着か。
編集長 昔は全然ダメだった西の秘密兵器だけど、最近はこういうのが来ることもあるんだよなあ。アグネスはデビューが2月とだいぶ遅いけど、その点はどうなんだ?
松 嶋 年明けデビュー馬はダービーは勝てないっていうジンクスがあったけど、フサイチコンコルドが破ったんですよね?
井 口 そのフサイチが勝ったのはダービーが5月最終週から6月第1週へ移った最初の年。ところが、今年はまたなぜか5月最終週に戻ったんだよ。これで傾向も元に戻るのかどうか…
編集長 で、結局のところどうなんだ。井口の結論は?
井 口 枠順確定前は何だかんだ言ってもエアシャカール本命かなと思ってたんですが、1枠2番は去年武豊騎手がアドマイヤベガで勝ったのと全く同じ馬番。こういうパターンは良くないんですよねえ。エアは◎ではなく、○までとしたいです。
編集長 そういう怪しい話は信じないが、脚質的にエアのこの枠は確かにいいとは言えんな。
井 口 ということで、ここは思い切ってアタラクシアに◎。昭和63年以降、皐月賞からの直行組なら皐月賞4着以内がダービー連対の条件だったんですが、ここ2年はそれが破られてますからね。2200mのオープン特別を勝ってる馬も最近結構活躍してるし。
松 嶋 プリンシパルS1着馬の左隣の馬は2年連続で優勝してますしね。
編集長 だから、隣は関係ないって!
松 嶋 そうですか…。それじゃやっぱり、スローペースなら先行馬が有利、ハイペースなら…
編集長 しつこいな! それはもうわかったよ!
[レース結果]
1着(4)アグネスフライト 2着(2)エアシャカール 3着(13)アタラクシア
単勝(4)510円  枠連(1)−(2)540円  馬連(2)−(4)600円
ワイド(2)−(4)350円 (4)−(13)2230円 (2)−(13)1120円
「井口稔プロフィール」へ戻る
【競馬番組表ウオッチャー】TOPへ