「井口稔プロフィール」へ戻る
【競馬番組表ウオッチャー】TOPへ

コラム「信じる者は救われる!?」 有馬記念特別版



ダービーと有 馬 記 念だけは特別版の座談会形式でお送りする「信じる者は救われる!?」。ダービーに続いて松嶋 ななめ嬢(松嶋 菜々子ではありません!)が登場した平成12年の有 馬 記 念はこんな感じでした。なお、木村田 空哉君(木村 拓哉ではありません!)が登場した平成11年のダービーについては『競馬は「井口式データ」で大儲け!』第1章をご覧ください。


第45回有 馬 記 念(平成12年12月24日)
 登場人物
 ■井口 稔…怪しげ予想家。
 ■松嶋 ななめ…新人女性編集部員。
 ■E編集長…本紙編集長。二児の父。

−有馬記念枠順確定後、『勝馬』編集部にて。



■オペラオーで仕方なし?
編集長 それにしてもテイエムオペラオーの勝負強さってのは尋常じゃないな。有馬もこれで決まりだろ!
松 嶋 連勝してるっていってもここ4戦で3回が0.0秒差じゃないですかあ〜。そろそろ他の馬で逆転もあるんじゃ…。
編集長 着差はわずかでも、競って抜かせない強さがある。シンザン型の名馬だよ。
井 口 いや、ある意味、シンザン以上?かもしれませんよ。シンザンの記録を改めて調べたんですが、勝った時は少なくとも半馬身以上、オペラオーみたいにクビ差とかアタマ差はないんです。
編集長 秋天→JC→有馬と勝てば2億円のボーナスが出るんだろ?
井 口 有馬の1着賞金は今年から1億8000万円。だけど、オペラオーだけは3億8000万円を目指して走るわけです。
編集長 陣営の意気込みも人一倍だよなあ!
松 嶋 逆にそういう状況なら多少調子が悪くてもとりあえず出走するってことがあるんじゃないですか。現に追い切りは今イチだったようだし…。
編集長 スペシャルウィークだって調子の悪い時の方が走っただろ!? 名馬に調子云々は関係ないの!
松 嶋 だけど、JC好走馬が有馬で人気になって凡走っていうのはよくあるパターンでは?
井 口 JC連対馬についてまとめたのが表1。JC連対馬は有馬で【1316】。確かにあまり良い成績とは言えませんね。
編集長 だけど去年のスペシャルは有馬でも連対しただろ。
井 口 JC連対馬取捨のポイントは春のG1実績にあると思うんですよ。JC連対馬のうち、春のG1優勝馬に限れば【1300】ですからね。
松 嶋 距離2000mになってから秋の天皇賞馬が有馬を勝ったことはないんじゃないですか?
井 口 確かにそう。昭和59年以降、秋天連対馬は有馬で【234 16】。好成績とは言えないね。
編集長 だけど、やっぱり去年のスペシャルは有馬でも2着してるぞ。
井 口 秋天連対馬でJC5着以内の馬は【2311】と悪くない成績なんですよ。秋天連対→有馬直行より、JCも使って、なおかつそこでも好走するようなタフさが求められるわけですね。
編集長 オペラオーにはピッタリじゃないか!
井 口 何よりオペラオーに良いのは春の天皇賞馬が有馬記念に強いというデータ(表2)。昭和59年以降、その年の春の天皇賞馬は【3402】ですからね。
編集長 この中で有馬4番人気以内になった馬は全部連対してるな。
松 嶋 いや、競馬に絶対はありません! オペラオーが5番人気以下になる可能性も十分…
編集長 あるわけないだろ!
井 口 とりあえず、秋に1回でも連対してる春の天皇賞馬は全部有馬で連対してますしね。やっぱり、ここはオペラオー◎でしょうがないんじゃないでしょうか。
編集長 問題は相手だな。
井 口 そこで、オペラオーV7の相手が誰だったのか、調べてみたのが表3
編集長 同じ馬が何回も出てくるなぁ。相手はナリタトップロード、ラスカルスズカ、メイショウドトウの3頭だけか。
松 嶋 あっ、わかりました!とっておきの穴馬を見つけましたよ! みなさん、さっぱり話題にしないで忘れ去られた存在になってますが、ここはラスカルスズカが激走するってことですね!
編集長 ラスカルは休養中!有馬には出ないの!
井 口 どちらにしても枠連、馬連はほとんど3ケタ配当。堅い決着が多いですね。
編集長 オペラオーがいつも人気なんだから当たり前だろ。
井 口 でも、スペシャルウィークなんかは万馬券に3回も絡んでますからね。ヒモが狂うパターンは結構あったんです。
編集長 オペラオーは他馬を突き放さないタイプだからヒモが狂いにくいのかも。となると、またもメイショウドトウ
井 口 さっき出てきた秋天連対→JC5着以内ってデータにも当てはまってますね。
編集長 ナリタトップロードの復活はどうだ? 今度は的場騎手に乗り替わるしな。
井 口 調教師転身発表後の的場騎手は重賞で【3412】。ものスゴい好成績なんですよね。
編集長 京都大賞典連対馬もよく来る印象があるけど…。
井 口 そうですね。去年はダメだったけど、その前は3年連続で連対してます。
松 嶋 前走G2で完敗してる馬ですよぉ〜。
井 口 有馬記念は前走G1の馬が優勢なレースで、前走G2以下から連対した馬は昭和59年〜平成9年の14年間で2頭だけ。だけど、ここ2年連続で前走G2の馬が連対してるんだよな。

■牝馬ゼロの有馬では?
松 嶋 今年の有馬は"クリ"スマスイヴ♪  だから"栗"毛が来るって説にも当てはまりますね。
編集長 そんな説ないって!
松 嶋 でも、平成7年のクリスマスイヴ有馬は栗毛のマヤノトップガンが優勝してます!
井 口 クリスマスイヴの有馬は今まで4回あったんだけど、優勝馬は鹿毛、黒鹿毛、鹿毛、栗毛。栗毛ばかり来てるってことはないぞ! それより今年の有馬が特徴的なのは牝馬が1頭もいないってこと。
編集長 だけど、牝馬なんて出てもどうせ来ないんだろ?
井 口 それはそうだけど、牝馬ゼロだった過去5回の有馬を調べてみると堅い決着が多いんですよ。連対馬は全て4番人気以内。その年の宝塚記念馬が必ず連対してるのも特徴です。
松 嶋 だけど、オペラオーにトップロードやドトウだったら今年も5才=5才の決着ですか。有馬で連対率が高いのは5才馬じゃなくて、4才馬じゃないんですか? トーホウシデンアドマイヤボスも怖いですよ。
編集長 今年の4才はレベルが低い! 4才馬はJCで"下位独占"したじゃないか。
井 口 トーホウはともかく、アドマイヤはどうかなぁ。昭和59年以降の有馬連対馬32頭には全てG1入着実績があるんだよな。初G1じゃ厳しいかも。
松 嶋 じゃあ、8才のダイワテキサスに期待! 今年は8才馬の当たり年だし、ここ4回のG1は元G1ジョッキーの調教師がずっと優勝してるんですよ!
井 口 JCダートが南井師、JCが岩元師、阪神3歳が西浦師、朝日杯が武邦師か…。
松 嶋 でしょ〜。だから、増沢師に期待して…
編集長 おいおい、その4回の中にJCの岩元師も入ってるじゃないか。やっぱり、オペラオーで不動だな。
井 口 5才以外で面白そうなのはツルマルツヨシですかね。去年だけど最近の有馬と関係の深い京都大賞典を勝ってるし…
松 嶋 平成になって大阪杯優勝馬の出走があった5回中4回まではその隣の馬が連対してるから、メイショウオウドウが隣に入ったのも好材料ですね!
編集長 どこが隣なんだよ?
松 嶋 大外と最内はグルッと回ってくっついてるんです!
井 口 あと、気になる馬名といえば、最終レースのヤシマ"グランプリ"。
松 嶋 1枠2番に入りましたね。となると、有馬の2番が連対候補?
井 口 マチカネキンノホシかあ〜。ちょっと不気味!

[レース結果]
1着(7)テイエムオペラオー 2着(13)メイショウドトウ 3着(12)ダイワテキサス
単勝(7)170円  枠連(4)−(7)330円  馬連(7)−(13)380円
ワイド(7)−(13)230円 (7)−(12)1730円 (12)−(13)2900円

[おまけの最終レース結果]
1着(2)ヤシマグランプリ 2着(14)ロンリーブル 3着(9)ノンタ
単勝(2)520円  枠連(1)−(7)890円  馬連(2)−(14)930円
ワイド(2)−(14)420円 (2)−(9)930円 (9)−(14)810円
「井口稔プロフィール」へ戻る
【競馬番組表ウオッチャー】TOPへ