【競馬番組表ウオッチャー】TOPへ

競馬メモ




トップページに掲載している『競馬メモ』の過去の分です(このページは平成17年2月分)。
競馬に関するニュースや重賞の出馬表・成績など主に他サイトへのリンクになります。
後になってリンク切れなどが生じても、基本的にフォローしませんのでご了承ください。

その他の『競馬メモ』バックナンバーはこちら


平成17年2月分
2月1週目頃のメモ

■本年度のワールドシリーズレーシングチャンピオンシップ日程をJRAが掲載。
「2005年ワールドシリーズレーシングチャンピオンシップとワールドレーシングチャンピオンシップ社の新会長就任について」(JRA)

■早田牧場の元社長・早田光一郎氏が逮捕された。
「3冠馬『早田牧場』元社長、2500万着服容疑で逮捕」(読売新聞)

■第10回シルクロードSはプレシャスカフェが優勝。小島太厩舎は同一日に東西で重賞制覇。
→2005年「第10回シルクロードS結果(成績)」(netkeiba.com)

■第39回共同通信杯はストーミーカフェが逃げ切り勝ち。2着したダイワアプセットは入線後に故障が判明して予後不良。
→2005年「第39回共同通信杯結果(成績)」(netkeiba.com)

■第39回小倉大賞典はメイショウカイドウがレコード勝ち。
→2005年「第39回小倉大賞典結果(成績)」(netkeiba.com)

2月2週目頃のメモ

■第45回きさらぎ賞はコンゴウリキシオーが優勝。きさらぎ賞での前走小倉組の連対はグレード制導入以来初めてのことだった。
→2005年「第45回きさらぎ賞結果(成績)」(netkeiba.com)

■第55回ダイヤモンドSはウイングランツが優勝。鞍上の松岡騎手は重賞初制覇。
→2005年「第55回ダイヤモンドS結果(成績)」(netkeiba.com)

2月3週目頃のメモ

■第22回フェブラリーステークスはメイショウボーラーが逃げ切りでレコード勝ち。昨年の優勝馬アドマイヤドンは大出遅れで、5着止まり。
→2005年「第22回フェブラリーステークス結果(成績)」(netkeiba.com)
→2005年「第22回フェブラリーS(GI)・プレレーティングについて」(JRA)
フェブラリーSについて」(当サイト)

■第98回京都記念はナリタセンチュリーが優勝して、重賞2勝目。
→2005年「第98回京都記念結果(成績)」(netkeiba.com)

■第40回クイーンカップはライラプスが優勝。松田国師はクイーンC連覇。2歳女王ショウナンパントルは12着に惨敗。→2005年「第40回クイーンカップ結果(成績)」(netkeiba.com)

2月4週目頃のメモ

■「大阪−ハンブルクカップ」が「日本におけるドイツ年記念大阪−ハンブルクカップ」にレース名変更。→「第2回阪神競馬第5日第11競走の特別競走名および福島競馬における出走可能頭数の変更について」(JRA)

■第14回アーリントンカップはビッグプラネットが優勝。武豊騎手は史上初の重賞200勝を達成。
→2005年「第14回アーリントンカップ結果(成績)」(netkeiba.com)

■第49回阪急杯はキーンランドスワンが優勝して、重賞2勝目。
→2005年「第49回阪急杯結果(成績)」(netkeiba.com)

■第79回中山記念はバランスオブゲームが優勝して、重賞5勝目。
→2005年「第79回中山記念結果(成績)」(netkeiba.com)

【競馬番組表ウオッチャー】TOPへ