【競馬番組表ウオッチャー】TOPへ

競馬メモ




トップページに掲載している『競馬メモ』の過去の分です(このページは平成16年12月分)。
競馬に関するニュースや重賞の出馬表・成績など主に他サイトへのリンクになります。
後になってリンク切れなどが生じても、基本的にフォローしませんのでご了承ください。

その他の『競馬メモ』バックナンバーはこちら


平成16年12月分
12月1週目頃のメモ

■JRA、来年のメインキャラクターは中居正広。
「2005年JRA年間キャンペーンについて」(JRA)
「中居正広」(フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia) 』)

■12月5日のTBS系『情熱大陸』に藤沢和雄調教師が登場。
「情熱大陸公式サイト」(毎日放送)

■「名馬で振り返る50年」、5回阪神1節はキタノカチドキ。
「時代を駆け抜けた名馬たち49−キタノカチドキ 単枠指定馬第1号」(JRA)
「日刊競馬で振り返る名馬−キタノカチドキ(1974年・皐月賞)」(日刊競馬)

■第18回ワールドスーパージョッキーズシリーズ(WSJS)はスボリッチ騎手(ドイツ)とホワイト騎手(香港)が同点優勝。
「【WSJS】史上初、ホワイトとスボリッチでW優勝」(サンスポ)
「第18回ワールドスーパージョッキーズシリーズポイント順位表(最終結果)」(JRA)
「第18回ワールドスーパージョッキーズシリーズ騎乗予定騎手について」(JRA)

■第56回阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神JF)はショウナンパントルが優勝。枠連は3−3のゾロ目。阪神ジュベナイルフィリーズは2年連続のゾロ目、秋のG1は2週連続のゾロ目。
→2004年「第56回阪神ジュベナイルフィリーズ結果(成績)」(keiba@nifty)
「阪神ジュベナイルフィリーズについて」(当サイト)

■第38回ステイヤーズSは1番人気のダイタクバートラムが完勝。
→2004年「第38回ステイヤーズS結果(成績)」(スポニチ)

12月2週目頃のメモ

■阪神競馬場の改修工事が来年行われ、直線474メートルの外回りコースが新設される予定。→「阪神競馬場に外回りコース!直線474メートルに」(サンスポ)

■大種牡馬ノーザンテーストが死亡。
「ノーザンテースト老衰で死亡」(スポニチ)
「種牡馬ノーザンテースト号の死亡について」(JRA)

■武豊騎手が2年連続で年間200勝を達成。
「武豊が2年連続200勝 昨年上回るペースで大台」(産経新聞)

■「名馬で振り返る50年」、5回中山2節はメイヂヒカリ。
「時代を駆け抜けた名馬たち50−メイヂヒカリ 稀代の名刀」(JRA)
「日刊競馬で振り返る名馬−メイヂヒカリ(1964年・東京盃)」(日刊競馬)

■第56回朝日杯フューチュリティSはマイネルレコルトがレコード勝ち。G1は3週連続でゾロ目
→2004年「第56回朝日杯フューチュリティS結果(成績)」(JRA)
「朝日杯フューチュリティSについて」(当サイト)

■第57回鳴尾記念はサクラセンチュリーが優勝。
→2004年「第57回鳴尾記念結果(成績)」(スポニチ)

■第40回中日新聞杯はプリサイスマシーンが連覇。
→2004年「第40回中日新聞杯結果(成績)」(スポニチ)

■香港国際競走で日本馬は香港マイルに出走したデュランダルの5着が最高で振るわず。
→2004年「第18回香港カップ結果(成績)」(JRA)
→2004年「第14回香港マイル結果(成績)」(JRA)
→2004年「第11回香港ヴァーズ結果(成績)」(JRA)
→2004年「第6回香港スプリント結果(成績)」(JRA)
「香港国際競走特集2004」(ラジオNIKKEI)
「香港国際競走公式サイト」

12月3週目頃のメモ

■JRA、来年の広告テーマは「人と馬とのつながり」。
「JRA2005年ブランド広告について 〜テーマは『人と馬とのつながり』〜」(JRA)

■武豊騎手が自身の持つ年間最多勝利記録を更新。
「武豊が年間最多勝更新」(スポニチ)

■「名馬で振り返る50年」、5回中山3節はイシノヒカル。
「時代を駆け抜けた名馬たち51−イシノヒカル 陰の力」(JRA)
「日刊競馬で振り返る名馬−イシノヒカル(1972年・菊花賞)」(日刊競馬)

■第40回CBC賞はプレシャスカフェが優勝。
→2004年「第40回CBC賞結果(成績)」(スポニチ)

■「第47回阪神牝馬Sはヘヴンリーロマンスが優勝。
→2004年「第47回阪神牝馬S結果(成績)」(スポニチ)

■第21回フェアリーSはフェリシアが優勝。
→2004年「第21回フェアリーS結果(成績)」(スポニチ)

12月4週目頃のメモ

■「名馬で振り返る50年」、5回中山4節はテンポイント。
「時代を駆け抜けた名馬たち52−テンポイント さらば、優駿」(JRA)
「日刊競馬で振り返る名馬−テンポイント(1977年・有馬記念)」(日刊競馬)

■第21回ラジオたんぱ杯2歳Sはヴァーミリアンが優勝。
→2004年「第21回ラジオたんぱ杯2歳S結果(成績)」(スポニチ)

■第49回有馬記念はゼンノロブロイがレコード勝ちして、秋の古馬中長距離G1を3連勝。
ペリエ騎手と藤沢和厩舎は有馬記念3連覇。
→2004年「第49回有馬記念結果(成績)」(Yahoo!スポーツ−競馬)

■12月26日は第49回有馬記念
→2004年「第49回有馬記念オッズ」(Yahoo!スポーツ−競馬)
→2004年「第49回有馬記念出馬表(枠順)」(JRA)
→2004年「第49回有馬記念(GI)・プレレーティングについて」(JRA)
→2004年「第49回有馬記念登録馬」(スポニチ)
「昨年の有馬記念出馬表(枠順)」(スポニチ)
「昨年の有馬記念結果(成績)」(競馬文化フォーラム)
有馬記念」(フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia) 』)
有馬記念 GIプレイバック〜過去10年〜」(JRA)←音楽が鳴るので注意。
「第1回からの有馬記念全成績」(JRA)
有馬記念について」(当サイト)

有馬記念に関するサイトなど。
有馬記念物語―世界最大のレースの魅力を追う』(青春出版社)
有馬記念フェスティバル2004」(JRA)
「『有馬記念フェスティバル2004 ハッスル2パーティーinグランプリ』出演予定騎手について」(JRA)
「明石家さんま JRA有馬記念CM」(gooブロードバンドナビ)
有馬記念特集」(netkeiba.com)
有馬記念特集」(日刊スポーツ)
「JCのゼンノロブロイは見事な圧勝だけど」(井崎脩五郎の予想上手の馬券ベタ)
有馬記念全出走馬単勝馬券(1992〜1999年)」(お馬の、空)

■第49回有馬記念ファン投票が終了。1位はゼンノロブロイだったが、影の1位はコスモバルクだった模様。→「バルク 有馬“影の人気1位”」(スポニチ)
「第49回有馬記念競走ファン投票の集計について(最終発表)」(JRA)
「第49回有馬記念競走ファン投票の集計について(第2回中間発表)」(JRA)
「第49回有馬記念競走ファン投票の集計について(第1回中間発表)」(JRA)
「第49回有馬記念ファン投票について」(JRA)

■12月26日に当サイトが開設以来、100万アクセスに到達しました。
いつも、ご覧いただき、ありがとうございます。

■JRAの平成16年売上げが3兆円を割る。
「JRA売上げ、7年連続のマイナス」(サンスポ)

■大井競馬場で行われた統一G1・第50回東京大賞典は船橋所属の東京ダービー馬・アジュディミツオーが優勝。→2004年「第50回東京大賞典結果(成績)」(nankankeiba.com)
→2004年「第50回東京大賞典出馬表(枠順)」(NAR)
「第50回東京大賞典」(大井競馬場公式サイト)

【競馬番組表ウオッチャー】TOPへ