【競馬番組表ウオッチャー】TOPへ

競馬メモ




トップページに掲載している『競馬メモ』の過去の分です(このページは平成15年12月分)。
競馬に関するニュースや重賞の出馬表・成績など主に他サイトへのリンクになります。
後になってリンク切れなどが生じても、基本的にフォローしませんのでご了承ください。

その他の『競馬メモ』バックナンバーはこちら


平成15年12月分
12月1週目頃のメモ

■来年のJRAメインキャラクターは引き続き明石家さんま、サブキャラクターはユンソナ。
「『JRA サプライズ!! キャンペーン 2004』の実施について」(JRA)
「犬猿の仲!? ユンソナ、さんまと"サプライズ!!"な共演」(大阪スポニチ)

■11月の重賞レーティング発表。
「重賞競走のレーティング(11月度)の発表について」(JRA)

■有馬記念競走ファン投票、第2回中間発表でもシンボリクリスエスが第1位。
「第48回有馬記念競走ファン投票の集計について(第2回中間発表)」(JRA)

■ワールドスーパージョッキーズシリーズでフルゲートに満たない競走があり、騎手全員は騎乗できないことに。
「馬不足で騎乗せず最低点〜WSJS」(スポニチ)

■阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神JF)はヤマニンシュクルが優勝。2着はヤマニンアルシオンで同一厩舎、同一馬主の親子丼。
→2003年「第55回阪神JF結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■ワールドスーパージョッキーズシリーズ(WSJS)は柴田善騎手が優勝。
「WSJS、頭数確保し来年も続行−JRA会見」(サンスポ)
「WSJS−柴田善臣騎手、逆転優勝!」(サンスポ)
「“第17回ワールドスーパージョッキーズシリーズ”ポイント順位表(2)」(JRA)
「馬不足で騎乗せず最低点〜WSJS」(スポニチ)

12月2週目頃のメモ

■来夏行われる薄暮競馬の最終レースは5時10分発走になるとJRAが発表。
「“薄暮競馬”最終レースは5時10分 」(スポニチ)

■シンボリクリスエスは有馬記念終了後、引退式を行う。
「シンボリクリスエス、28日レース終了後引退式」(サンスポ)

■有馬記念ファン投票第1位はシンボリクリスエス。
「第48回有馬記念競走ファン投票の集計について(最終発表)」(JRA)

■朝日杯FSはコスモサンビームが優勝。
佐々木晶厩舎はジャパンCに続き、1枠1番でG1制覇。
→2003年「第55回朝日杯FS結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■鳴尾記念はトップハンデ57.5キロのウインブレイズが優勝。鳴尾記念はこれで4年連続コンマ5キロハンデ馬が優勝したことになる。
→2003年「第56回鳴尾記念結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■マル父限定重賞・中日新聞杯はマヤノトップガン産駒のマル地プリサイスマシーンが優勝。
→2003年「第39回中日新聞杯結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■香港国際競走、日本馬最高は香港マイルに出走したローエングリンの3着。
→2003年「香港国際競走・香港カップ結果(成績)」(JRA)
→2003年「香港国際競走・香港マイル、香港スプリント、香港ヴァーズ結果(成績)」(JRA)

12月3週目頃のメモ

■来年はJRAのマスコットキャラクターがターフィー50に。
「JRA新キャラクター「ターフィー50」来社」(サンスポ)

■統一G1全日本2歳優駿はアドマイヤホープが優勝。
→2003年「第54回全日本2歳優駿結果(成績)」(NAR)

■村本善之騎手が引退。
「“いぶし銀”村本が引退 」(スポニチ)

■中京競馬で降雪のため馬場変更。
「本日の中京競馬のお知らせ」(JRA)

■阪神牝馬Sはファインモーションが優勝。これで同年クイーンS3着以内馬は4年連続連対。
→2003年「第46回阪神牝馬S結果(成績)」(Yahoo!スポーツ−競馬)

■CBC賞はアンドロメダS2着のシーイズトウショウが優勝。アンドロメダS2着馬は平成13年3着、平成14年2着、平成15年1着。
→2003年「第39回CBC賞結果(成績)」(Yahoo!スポーツ−競馬)

■フェアリーSはマルターズヒートが優勝。バルジュー騎手は先週に続き、重賞連勝。
→2003年「第20回フェアリーS結果(成績)」(Yahoo!スポーツ−競馬)

12月4週目頃のメモ

■武豊騎手が史上初のJRA年間200勝を達成。
「武豊が年間200勝達成 」(スポニチ)

■6回中山7日目(12月27日・土)は積雪のため、発走時刻を変更。芝のレースはダートに変更。中山大障害は中止され、1月10日に施行。
「本日の開催について」(JRA)
「中山大障害(J・GI)の取りやめについて」(JRA)
「平成16年第1回中山競馬の番組の変更について」(JRA)

■ラジオたんぱ杯2歳Sは道営馬コスモバルクが優勝。
→2003年「第20回ラジオたんぱ杯2歳S結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■有馬記念関連
「【有馬記念】タップダンスシチー、勝ったらウイニングラン」(サンスポ)(過去の有馬記念フェスティバル出演騎手の有馬記念成績が載っている)
「『有馬記念フェスティバル2003』の出演騎手について【変更】」(JRA)
「『有馬記念フェスティバル2003』の出演予定騎手について」(JRA)

■有馬記念はシンボリクリスエスが9馬身差のレコード勝ち。「シンボリ」の有馬連覇は3頭目
→2003年「第48回有馬記念結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■今年の中央競馬は…
「2003年中央競馬重大ニュース」(競馬文化フォーラム)

■東京大賞典はスターキングマンが優勝。同馬はG1初制覇。
→2003年「第49回東京大賞典競走結果(成績)」(NAR)

■中央競馬、平成15年の各種リーディング発表。
「平成15年度各種リーディング」(JRA)

【競馬番組表ウオッチャー】TOPへ