【競馬番組表ウオッチャー】TOPへ

競馬メモ




トップページに掲載している『競馬メモ』の過去の分です(このページは平成15年10月分)。
競馬に関するニュースや重賞の出馬表・成績など主に他サイトへのリンクになります。
後になってリンク切れなどが生じても、基本的にフォローしませんのでご了承ください。

その他の『競馬メモ』バックナンバーはこちら


平成15年10月分

10月1週目頃のメモ

■ジャパンC、ジャパンCダート同日施行をJRAが記者会見で発表。
「JRA50周年!04年はイベント尽くし」(スポニチ)

■9月の重賞レーティング発表。
「重賞競走のレーティング(9月度)の発表について」(JRA)

■スプリンターズSはデュランダルが優勝。重賞初勝利がG1勝ちとなった。
→2003年(平成15年)「第37回スプリンターズS結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■札幌2歳Sは道営のカク地馬モエレエスポワールが優勝。
→2003年(平成15年)「第38回札幌2歳S結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■シリウスSではマイネルセレクトが重賞初制覇。
→2003年(平成15年)「第7回シリウスS結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

10月2週目頃のメモ

■10月19日に京都競馬場でビリーヴの引退式。
「ビリーヴ号の引退式について」(JRA)

■農水省が地方競馬改革案をまとめる。
「地方競馬復活へ『重勝式馬券』復活も」(スポニチ)

■テイエムオーシャンが骨折で引退。
「オーシャン骨折、引退」(スポニチ)

■天皇賞に来春からせん馬出走可能とサンスポが報道。
「天皇賞、来春からせん馬も出走可能に」(サンスポ)

■毎日王冠はバランスオブゲームがレコード勝ち。断然人気のファインモーションは7着。
→2003年(平成15年)「第54回毎日王冠結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■京都大賞典はタップダンスシチーが優勝。この結果、グレード制以降の京都大賞典で前年有馬記念2着馬は【3.2.0.0】という成績になった。
→2003年(平成15年)「第38回京都大賞典結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

10月3週目頃のメモ

■統一G1南部杯はアドマイヤドンが圧勝。
→2003年(平成15年)「第16回南部杯結果(成績)」(NAR)
「南部杯」「岩手県競馬」公式ページ)

■ヒシミラクルが繋靭帯炎発症。
「ヒシミラクル号の故障について」(JRA)

■秋華賞はスティルインラブが優勝。メジロラモーヌ以来、17年ぶりの牝馬三冠馬に。
→2003年「第8回秋華賞結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■府中牝馬Sはオークス馬レディパステルが優勝。府中牝馬Sはオークス連対馬の強いレースで、今年もオークス連対馬が1〜3着を占めた。
→2003年「第51回府中牝馬S結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■デイリー杯2歳Sはメイショウボーラーが勝ち、これで4戦4勝。
→2003年「第38回デイリー杯2歳S結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

10月4週目頃のメモ

■菊花賞はザッツザプレンティが優勝。安藤勝騎手はクラシック初勝利。橋口調教師はザッツザプレンティの父ダンスインザダークで菊花賞を勝って以来、7年ぶりのG1制覇。三冠を目指して出走したネオユニヴァースは3着止まり。
→2003年「第64回菊花賞結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■富士Sはミレニアムバイオがレコード勝ち。
→2003年「第6回富士S結果(成績)」(競馬文化フォーラム)
【競馬番組表ウオッチャー】TOPへ