【競馬番組表ウオッチャー】TOPへ

競馬メモ




トップページに掲載している『競馬メモ』の過去の分です(このページは平成15年9月分)。
競馬に関するニュースや重賞の出馬表・成績など主に他サイトへのリンクになります。
後になってリンク切れなどが生じても、基本的にフォローしませんのでご了承ください。

その他の『競馬メモ』バックナンバーはこちら


平成15年9月分
9月1週目頃のメモ

■8月の重賞レーティング発表。
「重賞競走のレーティング(8月度)の発表について」(JRA)

■フランスG1ムーラン・ド・ロンシャン賞でローエングリン2着、テレグノシス13着。
「海外競馬情報(ムーランドロンシャン賞(G1)の結果について)」(JRA)
「仏GI ローエングリン粘りの2着」(スポニチ)
「海外競馬情報(ムーランドロンシャン賞(G1)の出馬表について)」(JRA)
「【ムーランドロンシャン賞】ローエングリン今度こそ」(サンスポ)
「ムーランドロンシャン賞 緊急生中継」(グリーンチャンネル)

■新潟2歳Sはダリア賞馬ダイワバンディットが優勝。ダリア賞馬の新潟2歳S優勝は初めて。
→2003年(平成15年)「第23回新潟2歳S結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■小倉2歳はメイショウボーラーが圧勝。牡馬の優勝は6年ぶり。
→2003年(平成15年)「第23回小倉2歳S結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■エルムSはアドマイヤドンが9馬身差の圧勝。これは同レース史上最大着差。
→2003年(平成15年)「第8回エルムS結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

9月2週目頃のメモ

■平地未勝利、500万の出走馬決定方法が変更になった。
「新出走馬決定法を発表」(スポニチ)

■来年の中央競馬全開催日が名馬のメモリアルデーとなることに。
「毎週土日は名馬記念日」(スポニチ)

■今週から開催全場全レースの全国発売開始。
「いよいよ今週から全レース発売がスタートします!」(JRA)
「JRA、今週13日開催から全場全レース発売」(サンスポ)

■朝日CCではカンファーベストが重賞初制覇。例年、小倉記念上位馬が活躍する朝日CCだが、今年2着したのは昨年の小倉記念馬アラタマインディ。
→2003年(平成15年)「第54回朝日CC結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■セントウルSは2cm差で、テンシノキセキがビリーヴを下し優勝。
→2003年(平成15年)「第17回セントウルS結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■京成杯AHはブレイクタイムが連覇。
→2003年(平成15年)「第48回京成杯AH結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

9月3週目頃のメモ

■『競馬ゴールド』10月号発売

■来年はジャパンCとジャパンCダートが同日施行となるかも。
「JCとJCDが来年同日開催…JRA50周年記念」(サンスポ)

■武幸四郎騎手と高島彩アナの交際を写真週刊誌『フライデー』が報じる。
「幸四郎とアヤパン熱愛…番組共演がきっかけ」(サンスポ)

■ダイヤルQ2版「競馬番組表ウオッチャー」はQ2システム会社の都合により休止します。

■ローズSはアドマイヤグルーヴが優勝。二冠馬スティルインラブは5着。
→2003年(平成15年)「第21回ローズS結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■セントライト記念はヴィータローザが優勝。ラジオたんぱ賞馬のセントライト記念制覇はグレード制以降初。
→2003年(平成15年)「第57回セントライト記念結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

9月4週目頃のメモ

■第18回ダービーグランプリ(G1)はJRAのユートピアが優勝。
→2003年(平成15年)「第18回ダービーグランプリ結果(成績)」(NAR)

■宝塚記念馬ダンツフレームが引退。
「ダンツフレーム屈腱炎で引退」(スポニチ)

■神戸新聞杯はゼンノロブロイが圧勝。山吹賞1着→青葉賞1着→ダービー2着→神戸新聞杯1着で同厩シンボリクリスエスのコピー?
→2003年(平成15年)「第51回神戸新聞杯結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■オールカマーはエアエミネムが優勝。一昨年のエアスマップと同じ「エア」のデインヒル産駒が勝ったことになる。
→2003年(平成15年)「第49回オールカマー結果(成績)」(競馬文化フォーラム)
【競馬番組表ウオッチャー】TOPへ