【競馬番組表ウオッチャー】TOPへ

競馬メモ




トップページに掲載している『競馬メモ』の過去の分です(このページは平成15年6月分)。
競馬に関するニュースや重賞の出馬表・成績など主に他サイトへのリンクになります。
後になってリンク切れなどが生じても、基本的にフォローしませんのでご了承ください。

その他の『競馬メモ』バックナンバーはこちら


平成15年6月分
6月1週目頃のメモ

■日本ダービー記念パスネットが発売される。
「京王電鉄が「第70回日本ダービー記念パスネット」を限定発売!」(JRA)

■第70回日本ダービーを記念したサントリーモルツの「ダービー缶」発売。
「第70回日本ダービー記念デザイン缶ビール発売のお知らせ」(JRA)

■ダービーフェスティバルには安藤勝、後藤、武豊、田中勝、福永騎手が出演予定。
「『ダービーフェスティバル2003』出演予定騎手について」(JRA)
「本日のダービーフェスティバルの後藤騎手の出場について」(JRA)

■第70回日本ダービー(東京優駿)はネオユニヴァースが優勝し、牡・牝ともに二冠馬が誕生。日本ダービーもついに外国人騎手が勝つ時代に…。
→2003年(平成15年)「第70回日本ダービー結果(成績)」(競馬文化フォーラム)
→2003年(平成15年)「第70回日本ダービー・プレレーティングについて」(JRA)

■金鯱賞はタップダンスシチーが優勝。前年優勝馬ツルマルボーイは2着。
→2003年(平成15年)「第39回金鯱賞結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

6月2週目頃のメモ

■安田記念はアグネスデジタルが優勝。海外を含め6つ目のG1制覇。
→2003年(平成15年)「第53回安田記念結果(成績)」(競馬文化フォーラム)
→2003年(平成15年)「第53回安田記念(GI)・プレレーティングについて」(JRA)

■ユニコーンSはユートピアが圧勝。これでダートは4戦4勝。
→2003年(平成15年)「第8回ユニコーンS結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■愛知杯は連闘のカゼニフカレテが優勝。
→2003年(平成15年)「第41回愛知杯結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■アメリカ三冠最終戦・第135回ベルモントSはエンパイアメーカーが優勝。ファニーサイドの三冠ならず。
「ファニーサイド3冠逃げた〜米ベルモントS」(スポニチ)

6月3週目頃のメモ

■武豊騎手の親類で牧場経営者の武勇さんが殺される。
「殺人:競馬騎手、武豊さんの親類男性 寝室で頭殴られ死亡」(毎日新聞)

■ショウナンカンプ引退。
「ショウナンカンプ 浅屈腱炎で引退」(スポニチ)

■東京ダービーはナイキアディライトが圧勝して、今年は南関東にも二冠馬が誕生。
「アディライト5馬身差V〜東京ダービー」(スポニチ)

■エプソムCはマイネルアムンゼンが優勝。3着に18番人気エーピーグリードで3連複はJRA重賞史上最高配当の40万馬券。
→2003年(平成15年)「第20回エプソムC結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■ファルコンSはギャラントアローが逃げ切り勝ち。NHKマイルC組の連対は5年ぶり。
→2003年(平成15年)「第17回ファルコンS結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

6月4週目頃のメモ

■『競馬ゴールド』7月号発売。

■安藤勝騎手の地方免許取り消し。中央・地方のダブル免許にはならず。
「アンカツ 地方免許取り消し」(スポニチ)

■夏季番組以降、新馬戦へ出走できるのは各馬1回だけとなる。
「新馬戦が様変わり…出走は各馬1回のみ」(サンスポ)

■プロキオンSは昨年と同じ馬番11番に入ったスターリングローズが連覇。
→2003年(平成15年)「第8回プロキオンS結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

6月5週目頃のメモ

■安藤勝己騎手負傷も軽傷とのこと。
「アンカツ馬に蹴られヒヤリ…宝塚はOK」(スポニチ)

■帝王賞はネームヴァリューが優勝。断然人気のゴールドアリュールは11着に沈む。
→2003年(平成15年)「第26回帝王賞結果(成績)」(NAR)
「農林水産大臣賞典 帝王賞」(東京シティ競馬)
「農林水産大臣賞典 第26回 帝王賞競走(GI)出走予定馬 Vol.2」(東京シティ競馬)

■「馬名の意味、由来」がネット上で見られるようになったとのこと。
「2歳馬馬名一覧の掲載について」(JRA)

■デムーロ騎手の菊花賞騎乗が可能になった。
「外国の騎手に対する臨時試験について」(JRA)
「“特例”認めた!デムーロ「菊」OK」(スポニチ)

■京都大賞典が国際G2に格付け。
「京都大賞典競走の国際格付けについて」(JRA)
「京都大賞典が国際GIIに」(スポニチ)

■宝塚記念はヒシミラクルがまたも人気薄での勝利。これでいつのまにやら「G1」3勝馬。
→2003年(平成15年)「第44回宝塚記念結果(成績)」(競馬文化フォーラム)
→2003年(平成15年)「第44回 宝塚記念(GI)・プレレーティングについて」(JRA)
「第44回宝塚記念競走ファン投票集計表(最終発表)」(JRA)
「ファルブラヴは回避」(スポニチ)
「ユニヴァース『宝塚』参戦決定」(スポニチ)

■特別番組のため、宝塚記念当日のフジテレビ系「日曜競馬中継」は中止。ただし、特別番組内でパドックとレース実況は放送される模様。
「6月29日(日)のテレビ中継について」(JRA)

■宝塚記念で約2億円の配当を得た人がいた模様。
「【宝塚記念】驚愕!ミラクル単勝1200万円買い」(サンスポ)
「【宝塚記念】夢叶った!ミラクルおじさん2億円」(サンスポ)
「単勝に1220万円、的中で約2億円に 宝塚記念競馬」(朝日新聞)
「“2億円オジサン”全額寄付?」(報知新聞)
「“偽ミラクルおじさん”がイタ電?」(スポニチ)
「2億円的中で利益を得た存在は?」(当サイト)
【競馬番組表ウオッチャー】TOPへ