【競馬番組表ウオッチャー】TOPへ

競馬メモ




トップページに掲載している『競馬メモ』の過去の分です(このページは平成15年4月分)。
競馬に関するニュースや重賞の出馬表・成績など主に他サイトへのリンクになります。
後になってリンク切れなどが生じても、基本的にフォローしませんのでご了承ください。

その他の『競馬メモ』バックナンバーはこちら


平成15年4月分

4月1週目頃のメモ

「重賞競走のレーティング(3月度)の発表について」(JRA)

■平成15年顕彰馬は選出馬なし
「平成15年度顕彰馬選出記者投票の結果について」(JRA)

■大阪杯は安藤勝騎手のタガノマイバッハが優勝。アンカツは大阪杯3連覇。
→2003年(平成15年)「第47回大阪杯結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■ダービー卿CTはダンツジャッジが優勝して、馬連・馬単・3連複が万馬券。
→2003年(平成15年)「第35回ダービー卿CT(成績)」(競馬文化フォーラム)

4月2週目頃のメモ

■タマモクロス死亡
「“白い稲妻”タマモクロス急死」(スポニチ)

■4回中山でちょっと番組変更。
「第4回中山競馬第8日の番組変更について」(JRA)

■桜花賞は幸騎手のスティルインラブが優勝。幸騎手はG1初制覇。
→2003年(平成15年)「第63回桜花賞結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■ニュージーランドTは連闘でエイシンツルギサンが優勝。
→2003年(平成15年)「第21回ニュージーランドT結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

4月3週目頃のメモ

■『競馬ゴールド』5月号発売。

■平成16年夏に3連単導入予定とJRAが発表。
「馬番号三連勝単式勝馬投票法【3連単】導入等について」(JRA)

■宝塚記念に新たな褒賞金制度。
「国際交流競走への褒賞金交付事業について」(JRA)

■ダートグレード競走の3歳戦が体系化された。
「地方競馬3歳競走の全国的な体系化が図られる」(NAR)

■平成15年度夏季競馬番組発表。
「平成15年度夏季競馬番組の概要について」(JRA)
「平成15年度 競馬番組」(JRA)

■皐月賞は1着ネオユニヴァース、2着サクラプレジデントで、スプリングS1、2着馬がそのまま1、2着。これは昭和60年以来、18年ぶりのこと。
→2003年(平成15年)「第63回皐月賞結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■マイラーズCはローエングリンがレコード勝ち。これで重賞2連勝。
→2003年(平成15年)「第34回マイラーズC結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■中山グランドJはノーザンテースト産駒のビッグテーストが優勝。常石騎手はG1初勝利。
→2003年(平成15年)「第5回中山グランドJ結果(成績)」(競馬文化フォーラム)
「第5回中山グランドジャンプ(J・GI)・外国馬プロフィール」(JRA)

4月4週目頃のメモ

■SARSの影響でシンガポール航空国際Cが中止
「シンガポール航空国際カップ中止決定」(ラジオたんぱ)
「SARS (重症急性呼吸器症候群) の情報源」

■新マークカードで3連複の「軸1頭ながし」が可能に。18頭ボックスも可能だとか…。
「5月24日(土)から、全国で新マークカード導入」(ラジオたんぱ)

■ウォーエンブレムが「種牡馬として不適格」と判断される。
「米2冠でも牝馬に興味なし…20億円種牡馬『不適格』」(読売新聞)

■第70回日本ダービーを記念したサントリーモルツの「ダービー缶」新発売。
「第70回日本ダービー記念デザイン缶ビール発売のお知らせ」(JRA)
■サントリーコーヒー「BOSS」が協賛した5回中山の有馬記念ではアメリカンボスの入った枠が連対したが…。
「サントリー、第5回中山競馬「BOSS」シリーズを展開」(毎日新聞)

■アグネスフライトの引退決定。
「アグネスフライト引退」(スポニチ)
「京都競馬場 アグネスフライト号の引退式のお知らせ」(JRA)

■コイントスは故障で春の天皇賞を回避。
「コイントス骨折、盾断念」(スポニチ)

■TBS『情熱大陸』にアンカツが。
「競馬に関するテレビ番組放映について」(JRA)
「情熱大陸公式ページ」(TBS)

■今週からいよいよ東京競馬場が新装オープン。開幕週の重賞はフローラS。
「東京競馬場 リニュアル オープン」(JRA)
「東京競馬場出走可能頭数(PDFファイル)」(JRA)
「平成15年 第1回東京競馬開催の場内イベントについて」(JRA)

■今週は香港でクイーンエリザベス2世Cが行われる。日本からはエイシンプレストンが出走。
「【QEII杯】香港で追い切りプレストン、1番枠」(サンスポ)
「オードマ・ピゲ・クイーン・エリザベス2世C(国際G1)の出馬表について」(JRA)
「APQE Cup Brochure 2003」(香港競馬主催者の公式サイト「The Hong Kong Jockey Club」内のページ)
「『香港クイーンエリザベスII世カップ』競走の衛星中継について」(JRA)

■フローラSは14番人気シンコールビーが勝ち、馬単256520円の大波乱。これは馬単の重賞史上最高配当。
→2003年(平成15年)「第38回フローラS結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■アンタレスSはゴールドアリュールが8馬身差の圧勝。
→2003年(平成15年)「第8回アンタレスS(成績)」(競馬文化フォーラム)

■カブトヤマ記念はストロングブラッドが優勝。鞍上・二本柳騎手は重賞初制覇。
→2003年(平成15年)「第57回カブトヤマ記念結果(成績)」(競馬文化フォーラム)

■香港の国際G1・クイーンエリザベス2世Cは日本のエイシンプレストンが快勝。
「プレストン香港GI連覇」(スポニチ)

【競馬番組表ウオッチャー】TOPへ