【競馬番組表ウオッチャー】TOPへ

競馬とFXを比較する(2)






では、ここからは競馬とFXを比較してみたい(やや強引だが)。参考までに株も同時に比較してみる。

1.いつ買えるのか?

競馬 FX
中央競馬なら土日の
10時〜16時ぐらい
平日24時間いつでも 平日9時〜15時

競馬は開催のある時しかできない。中央競馬なら基本的に週末、土日が開催日だ(一部例外あり)。地方競馬は平日開催が普通だが…。

株は中央競馬の逆(?)で平日の昼間に取引できるのだが、FXは24時間取引できる。この違いは大きい。FXは為替を取引するもの。取引できる市場が東京→ロンドン→ニューヨークと1日の中でドンドン移っていくから、24時間取引ができるのだ。

ニューヨーク市場といっても、個人投資家は恐れる必要はない。取引は日本のFX会社に口座を開いてやればいいだけ。東京市場の時間帯とニューヨーク市場の時間帯で取引のやり方に違いはまったくない。

FXも株も携帯電話での取引も可能とはいえ、パソコンの前に座って本格的に取引できるのは、サラリーマンなら会社から帰ってきた夜だけだろう。

同じ日に何度も売買を繰り返すデイトレード(デイトレ)のような取引を夜やることは株では不可能。しかし、FXならこれが普通にできる。これは大きい。しかも、為替相場はニューヨーク市場が開く、東京時間の夜9〜10時あたりから盛り上がってくるのだ。

FXはまさに日本のサラリーマンのためにあるようなものなのである!?

■FXここだけの話 〜キャンペーン情報(2)
FX会社の口座開設キャンペーンでもらえるものにはいくつかの種類がある。キャッシュがもらえるもの(これが一番いいかな?)、JCBギフトカードのようなギフト券がもらえるもの、クオカードがもらえるもの、投資に関する本がもらえるものなどなどだ。中には豚まんがもらえるといった変わったキャンペーンもある。
・詳しいキャンペーン情報はこちら→ SBI証券のFX

2.どこで買える?

競馬 FX
競馬場、場外、ネットなど ネット、電話 ネット、電話、店頭

競馬は競馬場へ行って、生のレースを観戦するという楽しみがある。これはFXや株にはさすがにない。

馬券はネットで購入することが完全に一般的になったが、FXや株も同様というか、それ以上。ごく一般的な個人投資家は、ネットで取引することが圧倒的に多いだろう。電話などでの取引ができる場合もあるが、手数料がかなり割高になってしまうからだ。

先にもちょっと触れたが、FXをやるには、FX会社に口座を開く必要がある。そして、FX会社のID、パスワードなどを入手したら、FX会社のサイトにログインし、チャートなどを見ながら取引するのがごく一般的なやり方だ。

3.いくらから買える?

競馬 FX
100円から 1万円程度から 10万円ぐらいはほしい

馬券は100円から買えるのはご存じのとおり。大穴を買えば、100円でもソコソコ楽しめる……かも。

株は銘柄によって買うのに必要な金額が異なる。100円で買えてしまう株も存在するのだが、投資として考えた場合、最低限10万円ぐらいはほしいところだ(ホントはできれば100万円ぐらいはほしい)。

FXは1万通貨から取引できるFX会社が主流。米ドルの場合、仮に1ドル=100円とすれば、「1万通貨とは、日本円にして100万円分」ということになる。

ただ、1万通貨ではなく、1000通貨から取引できるFX会社もある。この場合、日本円にして10万円分ということになる。

ただ、それでは取引をはじめるのに10万円とか100万円が必要かというと、そうではないのだ。もっと少額でOKなのだ。これは次に述べるようにFXでは”レバレッジ”をかけることができるためである。

実際、口座に1万円入れるだけで、取引を開始できるFX会社もある。

■FXここだけの話 〜キャンペーン情報(3)
実は何を隠そう、キャンペーン狙いで筆者もいくつものFX会社に口座を開設し、10万円単位のキャッシュ等を稼いでいる。通常、FX会社のキャンペーンは口座開設時の1回のみ適用されるものだが開設後も折々にキャンペーンを実施してくれる素晴らしいFX会社もある。
・詳しいキャンペーン情報はこちら→ FXなら外為ジャパン

4.レバレッジはかけられるか?

競馬 FX
消費者金融を利用すれば… 最高400倍のレバレッジがかけられるFX会社も! 信用取引を使えば3倍までOK

レバレッジとは何だろうか? レバレッジとは「テコの作用」のこと。少ない自己資金でたくさんの取引ができることをいう。

株では信用取引というものを使えば、自己資金の3倍までの株を買うことが可能だ。FXは株よりも値動きの大きさそのものは小さいが、その分、レバレッジをかけて取引することが普通となっている。

FXで5倍、10倍のレバレッジをかけること、つまり、自己資金の5倍、10倍の取引をすることは珍しくも何ともない。

中には最高400倍のレバレッジをかけられるFX会社もある。この場合、1万円を口座に入れておけば、400万円分のドルが買えるわけである(1ドル=100円の場合)。100万円入れておけば、4億円である!

100万円といえば、フツーの一般庶民がフツーに投資できる程度のお金。それだけあれば、億単位の取引ができてしまう、それがFXなのだ。もっともレバレッジをかけすぎるのは危険な面も当然あるので、十分な注意が必要だが…。

では、競馬でもしレバレッジをかけるとすれば…。

日本中央競馬会はそのようなしくみを用意していない(まあ、ムリか)。やるとしたら、消費者金融でお金を借りてきて馬券を買うようなことになるだろうか。もちろん、そのようなやり方はまったくオススメしないが…。

「一介の主婦がFXで4億円の利益!」前ページ
次ページ「かかるコストはわずか0.01%!」


【競馬番組表ウオッチャー】TOPへ