【競馬番組表ウオッチャー】TOPへ

競馬とFXを比較する(1)






■年々減り続ける中央競馬の売上げ

下のグラフのとおり、中央競馬の売上げは1997年の約4兆円をピークに年々下がり続けている。売上げが10年間下がり続けるというのはタダゴトではない。



その要因は1つではなく、複合的なものだろう。

第一生命経済研究所主任エコノミストの永浜利広氏はその要因として、以下のようなものを挙げている(「JRA売上高10年連続減 ギャンブル総まとめ」(MSN産経ニュース))

・給与が右肩下がりか横ばいの状況で、可処分所得が増えていない
・携帯電話やネットゲームなど娯楽の選択肢が広がった
・改正貸金業法によって消費者金融業者の融資基準が厳しくなった

筆者の知り合いの日本株アナリストはこんなことを言っていた。

「1999年の株式手数料完全自由化以降、株のデイトレードをする人が出てきた。その中には競馬から株へ流れる人がいて、これも競馬の売上げが落ちている一要因ではないか? さらにここ数年は株からFXへ移る人が増えている

■FXとは何か?

FXとは何なのだろうか?

これは略さずいうと、「外国為替証拠金取引」とか「外国為替保証金取引」と呼ばれるものだ。

何だか難しそうだが、要するに一般個人が為替の売買をできるようにしたサービスのことである。

為替というのはニュースなどで、よく東京外国為替市場では1ドル=110円…とか何とか言っているアレだ。

下記のグラフ(相場の世界ではチャートとよく呼ばれる)はドルと円の為替レートを示したものだ。グラフが上がったり、下がったりしているのがわかる。



ざっくりいえば、このグラフの低いところで買って、高いところになってから売ればその差が儲かるのがFXなのである(FXでは買う前に売ることもできる。すなわち高いところで売って、そのあと低くなってから買っても儲かる)。

また、その他にFXでは、スワップ金利というものをもらって、儲けることもできる。

■FXここだけの話 〜キャンペーン情報(1)
一般にはあまり知られていないことだが、FX会社の口座開設キャンペーンは驚くほど高額だ。口座開設をすることなどによって、3000円〜1万円程度がもらえるキャンペーンがたくさんあり、こればかりを狙うFXファンも存在する。
・詳しいキャンペーン情報はこちら→ ★100円からのFX:キャンペーン実施中★


■脱税事件で発覚! 一介の主婦がFXで4億円の利益!

FXが一躍脚光を浴びたのは、昨年、2007年にある主婦がFXで得た巨額の利益を脱税していたというニュースが流れてからだった。

その利益はなんと約4億円、脱税額は1億3000万円にのぼったという。

FXとはやり方によってはとてつもなく、儲かるものなのだ(脱税はまずいが…)。以下の参考記事はFXなどによる脱税のニュースである。

次ページ「24時間いつでも取引できる!」

・参考記事
「主婦が外為取引で4億円を脱税、東京地検に告発される」(Garbagenews.com)
「FX取引脱税 東京国税局 高齢3投資家告発 計9億7000万所得隠し」(読売新聞)
「個人投資家、先物などの利益7億6000万円の脱税で告発」(Garbagenews.com)
「退職教諭が7000万円脱税 FX取引で利益」(MSN産経ニュース)
「みんなのFX」 スプレッド1銭?
手数料無料、15通貨ペア、レバ300倍、ダイレクト入金OK、


【競馬番組表ウオッチャー】TOPへ